読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のリーダー達が新たな政権に働きかけないといけない

空我です、日米欧など経済協力開発機構加盟国の輸入額は、2014年に国内総生産比で28%と20年間で10ポイントも増えたが、失業率は同水準にとどまる。
米国は海外生まれの人口が過去20年で2倍近くに増えたが、それをはるかに上回る雇用が生まれた。
むしろ輸入を含む貿易や移民の増加は生産性や需要を高め、雇用や経済全体にプラスの影響をもたらしているというのがエコノミストのほぼ一致した見方だ。
一方、グローバル化を止めようと輸入品に高関税をかければ悪影響 は計り知れない。
最大の被害者は庶民だ。
日用品の価格が大幅に上昇するからだ。
世界的な部材の供給網を活用して製品を生産している国内企業も打撃を受ける。
不当な輸入障壁を設ければ貿易相手国からの報復も招くだろう。
こうした悪循環が加速すれば、貿易の縮小を通じて世界経済の失速につながることは、1930年代の教訓から明らかだ。
世界貿易機関は昨年の世界の貿易量の伸び率は1.7%と金融危機以降で最低にとどまったと見ている。
また、主要20カ国が取っている貿易制限措置は16年10月時点で、6年前のほぼ4倍に膨らんだ。
これ以上保護主義的な措置が拡大すれば、世界経済に新たな危機をもたらしかねない。
最も気がかりなのはトランプ米次期政権の動きだ。
閣僚などに 続々と反自由貿易派を起用している。
選挙戦で示唆したように中国やメキシコからの輸入品に高関税をかけるなら世界経済にも激震が襲う。
そこまでいかなくても、高関税を脅しに使って対米貿易黒字国に不均衡是正を迫る管理貿易政策に走れば、負の影響が出よう。
米国が先導役を担ってきた自由貿易の原則から逸脱しないよう世界のリーダー達が新たな政権に働きかけないといけない。
ではでは、最後は「犬の床」の情報で〆ます。
犬 床
実際に多くのケガを起こしているという現状を理解し、何らかの対策をしていく必要があります。
大切な家族の一員ですから、過ごしやすい環境を与えてあげるようにしたいものですね。
★★★ フローリングの滑り対策あれこれ…効果のほどは? ★★★
フローリングが危険が付きまとうものだということは理解できたけれども、どんな対策をしていけば良いか悩んでいるという人も多いでしょう。
ただ単純にカーペットを敷けば良いのかと思えば、そうとも言いきれません。
フローリングの滑りに対しての対策としては、以下のような方法があります。