読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

畑などを荒らす動物の侵害に対しては憎みつつ、排除します。

空我です、日本人は動物とどう向き合えばいいのだろう。
子供の頃、鶏が卵を産み落とすのは神秘的で畏敬すら感じる体験でした。
卵を産まなくなると、父親が川岸でごめんよと言いながら処理し、その日の夕食では家族で鶏肉鍋を囲みま した。
鶏の処理は子供には胸が張り裂けそうな光景でしたが、夕食ではみんなで感謝した。
生命への畏敬、奪われる命への祈り、最後に感謝。
この三つのプロセスにはどうにもならない矛盾があります。
仏教には殺生戒という教えがあり、生き物を殺すことを戒めてきました。
でも実際には、人は生存するために動物を食してきました。
庶民には矛盾を抱え込みながらも、それを昇華させる心の働きが息づいていました。
ところが今の消費者の関心は、この肉は安いか高いか、おいしいかまずいかが中心です。
食卓に並ぶのは単なる肉片にすぎない。
生きている動物の姿は見えていないし、鳥獣害と闘う生産者の姿も目に入っていません。
都会にまで野生動物が姿を見せる今こそ、人と動 物との新しい関係を築く好機だと説く。
種の起源ダーウィンは生存競争と淘汰で生物の進化を説明しました。
生態学者の今西錦司は棲み分けという考え方を提示しました。
この2人が説明したのは動物対動物の関係です。
私は、人と動物の関係はダーウィンと今西の境目にあるのではと考えます。
動物と人は仲良く共に暮らせるほど、甘い間柄ではありません。
野生の動物が人間の生活空間にまで侵入し被害が出ている場所では、排除するしかないでしょう。
ただし、その先に野生動物のある程度の侵入や被害はやむを得ないと受け入れる侵入許容空間も認めるべきです。
畑などを荒らす動物の侵害に対しては憎みつつ、排除します。
では、推奨サイトをご紹介します。
赤ちゃんのための洗濯洗剤なら私はコレをお勧めします。
http://www.xn--h9j8c2bu77so51apr4b.net/
大人用の洗剤を赤ちゃんにも使って大丈夫なの?…
仲の良いママ友の中に、赤ちゃんケアアイテムを色々試している人がいるのですが、その人に聞いてみたら…
この5つのこだわりをもって作られた赤ちゃん洗剤は、製造工程もしっかり管理されているみたいなので、安心感が更にアップしましたよ。